プロフィール

瑚桃*

Author:瑚桃*
■My Character■
RO Lydia鯖にて活動中。
LV99HiPriと、無事転生を果たしたLKがメイン。
HP発光は報告が遅れました。(ノ-`)

Web拍手。一言頂けると励みになります♪

Linkはご自由にどうぞ。ご報告下されば喜んで訪問・相互Linkさせて頂きます。
※バナー・詳細はこちら、又はカテゴリー内の"Link"からご確認下さい。


最近の記事
最新コメント

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 (C)2006 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved. Licensed to Gamepot Inc.

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
転生と効率
転生後、特にLV80を数えた現在は、通常狩場にごく普通に狩りに行くだけで1M/hを越えるのが当たり前になってしまっていて。
転生前にも勿論出ていた数値なのですが、効率重視の狩りなどを意識せずとも、以前より格段に楽に、安定しているように思います。
全ての物事を数値で測ることは出来ません。効率は、一番単純に狩りの達成率を測る物差し。視点の一つだと思っています。

でも、狩りを終え目の前に突きつけられる数値、その現実。
最近、それにピンと来なくなってしまっている自分がいる事に気づきました。



翼さん、ラシさんとのトリオ騎士団が順調です。
LV72になったばかりの頃からちょくちょくこのトリオで騎士団に足を運んでいます。
時々Blogでも書いていますが、段々と息も合うようになり、最初はBase660k/hだった時給が790k/h→860k/h→970k/hと数字も伸びて行き。72→82とLVも上がり。
2/18には、1.05M/hを達成出来ました。トリオ騎士団で1M越えは初記録かもしれません。
転生前は専らペア狩場であり、転生前に比較出来るデータが無いからなのもあるかも。トリオ騎士団は殆ど転生後からの試みなのです。

ラシさんとは、最近ペアでも狩りに行くように。

行き先はニブルや騎士団。スナイパーさんとのペア狩りは殆ど経験がなく…というかラシさんだけ(それもペアはお互い転生前のみ)のような気がしますがそれはそれとして。
騎士団は1.16M/h、ニブルでは1.38M/h。
騎士団は初めてのスナイパペアにしてはまずまずの数値ですが、ニブルは混雑の中にも関わらず、実にあっさりと転生前のペア記録(1.36M)を塗り替えて下さいました。弓職とニブルペアは初めてだったのですが…スナイパーさん強いですね。

極めつけは、セシさんと某所で1.68M/h。

セシさんと申し合わせて「某所」とか言葉を濁したりしていますけれど、つまりはSSの通り亀D2。
隠すまでも無くアサクロHiプリペア狩場の一つなので、言っちゃっても大丈夫だよネ?w
モンクやチャンプとの亀ペアやアサクロとのLASBr1確狩りについては、私も以前の記事で触れた事がありますが、ある程度の支援が出来るようになるまではお勧め出来ません。
支援プリが1キャラ目だという方が、転職後からずっとハッケイモンクさんと亀で育つ。そんな恐ろしいことも耳にする最近。本当に心配です。色々。
ともあれ、話は逸れてしまいましたが、アサクロHiプリペアでの結果報告でした。
慣れと混雑状況を考えると、まだまだ伸びる可能性のある狩場だと思います。

…転生職の強さは壮絶です。勿論、Hiプリとなった自分もDEX値を始め全てのステが上昇し、HPも増えて安定性は増してはいます。
でも、火力職のように「強くなった」と、自分の力を手に取るように感じる事がないのです。
時給EXPのように、目で見ることの出来る数字は桁を繰り上げながら勢い良く上昇しているのに。
Hiプリであるあたしは、「強くなった」実感が、ない。
私は、何か出来ているの?

数字だけが先歩きし、感覚だけが狂ってゆく。
どうもふわふわと、漂うような。
自分が自分ではないような……

開けた視界の先にある世界の広さ、奥深さ。
行先など見えないのに、めまぐるしく、それでいて一筋の光の様に。
終着に向けて。
真っ直ぐに、確実に加速して、動いている。
その余りの速さに、時々眩暈のような。眩しさに似た焦燥を覚えることがあるのです。

「あたしは皆と一緒に走れている?」

複雑そうで、単純な。それでいて軽くない、だけどちっぽけな悩み。
行き着く先は、何処なのでしょうか。
スポンサーサイト
RO*Days | 【2006-02-20(Mon) 04:20:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Categories
月別アーカイブ
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。