プロフィール

瑚桃*

Author:瑚桃*
■My Character■
RO Lydia鯖にて活動中。
LV99HiPriと、無事転生を果たしたLKがメイン。
HP発光は報告が遅れました。(ノ-`)

Web拍手。一言頂けると励みになります♪

Linkはご自由にどうぞ。ご報告下されば喜んで訪問・相互Linkさせて頂きます。
※バナー・詳細はこちら、又はカテゴリー内の"Link"からご確認下さい。


最近の記事
最新コメント

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 (C)2006 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved. Licensed to Gamepot Inc.

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
トマトと缶コーヒー@河原にて
図らずも、変わった交流をしました。


朝から用事があったので、お出かけ。
出先でランチを食べて、帰りは電車にぼんやりと揺られて。
今日は、家路をゆっくり歩きたい気分だったので、最寄り駅から一つ手前の駅で下車しました。
自宅は、最寄り駅から徒歩1分。
考え事をしながら歩く余地なんて、無いから。

昔通った小学校の横を通り過ぎる時に歩調を少し落としたくらいで、殆ど無心でぼんやりと歩きます。
ヒールが地面を叩く音だけが聞こえていて、でもそれが、今日はどうにも耳につきました。
コンクリートやアスファルトは、同じ音しか返さない。
不安を煽る、冷たい音。

思えば、土の地面は何時頃から無くなったのでしょう。
物心付いた頃には、既に足元は固く塗り固められていて。
ふと、寄り道をして帰ろうと思い立ちます。土が踏みたくなったのです。



家路を逸れて、道を右に折れてみました。
小さい頃、もう12.3年近く前になるでしょうか。
毎日のように自転車で走り回り友達と遊んだり、日曜に家族で遊びに行く為に通った道。
もう数年もこの道は通っていないし、うろ覚えだけれど、確か多摩川の近くに出るはず。
小学生の時、夏休みに通った市民プールや、近くの広場、民営体育館。
懐かしいものを沢山見つけて、繋がって行く記憶に嬉しくなります。


30分も歩いたでしょうか、川沿いに到着することが出来ました。
川沿いは土手のようになっていて、遊具があったり少年野球用のスペースがあったりと、結構広いんです。
バーベキューなんかもよくやったっけー、などと思いながら、草と土の地面をざくざく。ヒールなのに。

で、足を踏み出す毎に、柔らかい音が返って来るのを確認したら。
何だろ、妙に安心してしまったと言うのかな。急に涙が出て、止まらなくて。
当たり前の事なのに、ね。
最近、色々あったので、色んな物が一緒くたになって外に出てきてしまった部分もあるのかも知れないです。

流石に一人で涙ぐんでいても恥ずかしいので、遊具のある小さな公園から少し離れたベンチへ。
顔を上げてもいられないですし、涙が止まるよう念じつつ座っていたのですが、唐突に肩を叩かれました。
物凄く驚いて顔を上げると、買い物帰りっぽいおばさまが居ました。
「大丈夫?気分でも悪いの?まさかとは思うけど、早まっちゃ駄目よ!」

私、そんな表情してたんでしょうかorz
こんな所で一人で蹲って泣いてたら、そう思われちゃうものなのかな…。
家出娘でもなければ、そんなことは考えてないのだけど。

「ちょっと前から見てたけど、大丈夫?一人で帰れる?」
えっ待って、"ちょっと前から見てた"って、どういうことですか!
もしかして数分間様子伺われてた?見られてた?
顔から火が出そうになりながら、具合が悪いわけではないので大丈夫だという事を説明し、お礼を言う私。
オバサマは納得してくれたようで、またもぽんっと軽快に肩を叩きつつ、
「人生色々あるけれど、若いんだから大丈夫よ!」
と、スーパーの袋からトマトを取り出し私の手に握らせ、手を振って帰って行かれました。

Σ(´Д` )
トマト…を、どうすれば。
取り敢えず、持っている訳にもいかないのでバッグに入れることに。
万が一潰れたらお出かけ用バッグが一つ減ります。いと恐し。


しかし、それだけではなく。
オバサマとの会話の直後、そのやり取りを見ていたらしい高校生位の男の子3人がすれ違いざまに、「おねーさん元気だせー」と。
缶コーヒーを投げて寄越してくれまして。帰宅途中だったのか、すぐ行ってしまったけれど。
何が何やらパニックで、有難うございます、と返すしか出来なかった…

余りにびっくりしたもので、きちんと近くでお礼を言えなくてごめんなさい。
男の子達にも、勿論トマトのオバサマにも、何かお礼を差し上げたいところだったのですけれど。
というか制服萌(ry ……うん、勿体無かった。(何
おねーさん化粧取れまくりだったので、顔を上げにくかったんです…
当然、この状態では明るいうちに道を歩くのも躊躇われたので、暗くなるのを待ってから家路につきました。


何にしても、20年ちょっと生きてきて、初めての経験です…。
尤も、外でこんな風になってしまうのも初めてだったけれど。
私なら、気にしつつも声は掛けず、そのまま通り過ぎていただろうな。
たまたま通った道で、見ず知らずの他人と関わりあう事なんて、現在は殆ど無いですよね。
だから、とても驚いたけれど、不思議とあったかかったな。

トマトと缶コーヒー…食品を貰ってしまったのも初めてですよ。もしかして餌付けですか。
知らない人に物を貰っちゃいけません!なんて子供の頃に言い聞かされた言葉を思い出しつつも、この年です。
頂いた状況から判断して、何も疑わず家で食べた&飲んだけれど。普通に美味しかった。

…はっ。
もしかして、ホントに家出した時もあそこに行けば食べ物の心配要らず……!?

…なーんて、バカな事考えたりしていませんよ?
トマト、潰れなくて良かった。
バッグが無事で良かった。
パンプス、土落として綺麗に拭かなきゃ。


人も、捨てたものじゃないね。
ありがとう。
スポンサーサイト
everyday | 【2006-10-03(Tue) 00:18:03】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-10-05 木 02:34:41 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Categories
月別アーカイブ
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。